月世界本舗にインタビュー@べつばら富山試食会

スイーツ倶楽部@べつばら富山試食会の為、月世界本舗に突撃インタビューしてきました。

富山中心街で何度もスイーツツアーをしているスイーツ倶楽部ですが

月世界本舗に来るのは初めてですね。

131001-1

というのも、月世界本舗は日曜日が定休日なんですね。

スイーツ食べ歩きツアーは日曜開催が多いので、なかなかご縁が無かった次第です。

お店の中はどこか懐かしい、番頭さんが出てきそうな作りと雰囲気

伝統を感じますね。

131001

さて、今回は店長の土井さんにお話しを伺う事ができました。

まず驚いたのは、月世界本舗には大きく分けて2種類しかお菓子がありません!?

120年前から続く「銘菓月世界」そして1983年に作られた「まいどはや」ですね。

図々しくも店頭で試食させて頂きました。

月世界もまいどはやも初めて食べましたが、優しい口どけのお菓子でございます。

お菓子屋の朝は早く、昔はまだ月が出ている時から仕事を始めたそうです。

月世界本舗を立ち上げた初代さんが、仕事に一息入れようと外にでて休んでいると

空に月が・・・

暁の空に浮かぶ月影の幻想的で淡く優しい光景をみて、

ふとこんなお菓子が作れたらなぁっと思ったそうです。

1897年(明治30年)その職人は月世界というお菓子を作り出し開業したとか。

なんだか素敵ですね。

今回、べつばら富山ではこちらの商品が企画されました。

131001-2

パッケージを新たにするにとどめ、お菓子の内容には手を加えていないそうです。

受け継がれ続ける伝統は大切ですね。

パッケージは可愛らしく、富山のお土産からギフトにも最適です。

箱の色によっては、法事にも使えそうです。

長い伝統を持つお菓子と言うのは

食べてもいないのに敬遠されていることも少なくありません。

そんな方々にぜひ一度召し上がって貰えたら良いですね。

お抹茶と美味しく頂ける逸品です。






トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。