安居(ANGO)にインタビュー@べつばら富山試食会

スイーツ倶楽部@べつばら富山試食会の為、城端スイーツ巡りをしてきました。

さっそくべつばら富山でシルクフロマージュを開発した

安居(ANGO)にお邪魔してきました。

お店は黄色い建物で、可愛らしい洋菓子屋さんですね。

131005-6

本当でしたら、直接インタビューしたかったところなのですが

おりしも本日は土曜日、ウエディングケーキの予約が数件入っており

直接インタビューする事はできませんでしたね(^^;)残念

でも、お店に赴きまして店主の安居範光さんにご挨拶だけさせて頂きました。

素敵な店主さんでございました。

お店の中には大きなウエディングケーキの模型が置いてあったので

ウエディングケーキ作りを得意としているのかもしれません。

そして何故か、和菓子の型が飾ってありましたので

もしかしたら、昔は和菓子屋さんだったのかな?

131005-8

興味がつきませんね、また機会をみてインタビューに伺いたいと思います。

さて、べつばら富山のシルクフロマージュにつきましては

電話でインタビューを事前にさせた頂いておりました。

131005-9

なんと、シルクフロマージュは名前の通り

絹を練り込んだフロマージュ(チーズ)ブッセですね。

絹って食べられるの?っと疑問に思いましたので聞いてみました所

絹はもともとアミノ酸なので、美味しさを引き立てるそうです。

そういえば、近所の肉屋さんもシルクコロッケなるものを販売していましたね。

何でも、もともと城端のあたり一帯は織物が盛んな地域で

五箇山や川上郷の繭や生糸を用いた絹が盛んに作られていたそうです。

歴史ありですなぁ。

シルクフロマージュ、ブッセというには生地が少し違いますが

優しい生地にチーズクリームが良く合って美味しいですね。

紅茶にもコーヒーにも良く合う逸品でございました。

べつばら富山試食会用に20個購入させて頂きました☆

追伸:安居さんで売っていたはちみつソフトクリームも絶品でした。

城端観光される際は、このソフトを貪り食いながら歩きたいものです(^^)

131005-7






トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。